北川信彦の紹介

北川信彦が一番患者さんにしてあげたい事。それは

「できるだけ早い時点で痛みを改善し、いつもの日常生活をおくれるようにする事」

です。

そのために、朝7時には開院し、通勤前に「痛み」「不快感」の改善ができるようにしました。

これで、「痛み」「不快感」が通勤時間前に改善でき、日常生活に支障をきたさず通勤することも可能になります。

朝起きて「つらい!」「でも仕事は休めない」そういう時は、是非お電話下さい。木曜日以外、土日も含めて、朝7時からはじめています。6時半には準備や掃除をやっていますので、お電話下さい。

北川が他の接骨院で修行していた時の話です。

接骨院に来院される患者さんの多くは、昼間働いておられる社会人の方々です。「肩が痛い」「腰が痛い」くらいではなかなか仕事は休めません。残業があれば、通勤帰りに接骨院に寄ることも出来なくなります。

どんなに施術の腕が良くても、よい治療方法があっても、患者さんが来院出来なければ役に立たないのです。

そうやって、我慢して我慢して、やっと休みに来られた時には、だいぶ悪化していることも少なくありませんでした。

「具合が悪くなった時にすぐに来ていただけば、短時間で改善でき、つらい時間も大幅に短縮できるのに。」と、ずっと考えていました。

北川整骨院を立ち上げた時も、「つらい思いをされている患者様の為に、自分のできる事は何か?」と、ずっと考えていました。

その時に考えたのが、「朝7時の開院」という事でした。

北川は、早起きです。朝6時半までには、シャワーも朝食もすませ、院内の掃除や開院準備をはじめています。

ですので、きつい時は6時半すぎにお電話下さい。